ひきしょう歯科クリニック

初芝駅南口にある歯科医院「ひきしょう歯科クリニック」

072-349-4444
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町6-2-22
072-349-4444
トップページ > スタッフ治療リポート > スタッフPの矯正治療〜インビザライン〜
スタッフ治療リポート

皆様大変お待たせしておりましたインビザラインの

治療経過最終段階の報告です。

6月に15枚目までの途中経過を更新して以来

なかなか次のマウスピースに進むまでに時間を要したり

入り具合が悪くもう一回前のマウスピースに

戻って入れていたりとラストスパートがなかなか

根気のいる約4ヶ月でした。

 

まずは最終的な歯並びから。

正面未装着F1-1

BEFORE                                AFTER

噛み合わせが変わったことにより最初は噛んでいても

隙間があったのがほとんどなくなりました。

RM04F1-4

 

次に咬合面観(上)です。途中過程でもお伝えしてましたが

2番目の歯が大きく前に動いて綺麗なアーチ状になりました。

これにより私が一番気にしていた1番前の歯の出っ歯感がなくなりました。

RM01F1-5

続いて咬合面観(下)です。こちらも重なっていた前歯5本程を

綺麗に並べてアーチ状になりました。

重なっている歯は見た目の問題だけでなく虫歯リスクも高まってしまうため

矯正治療により清掃性がよくなったため虫歯リスクの減少にもつながりました。

(上下共被写体の大きさが違い申し訳ありません)

 

無事所定の枚数を終え、これから私は矯正治療に

とても大事な“保定期間”にはいっていきます。

では保定期間とは何か?

矯正治療によりせっかく綺麗に並んだ歯並びも

リテーナーと呼ばれる保定装置をつけていないと

後戻りしてしまうケースが多くみられます。

 

当人である私も昔ワイヤー矯正をしていたのですが

当時この大事な保定期間をさぼってしまい結局後戻りにより

今回再び矯正治療を要してしまうこととなりました。

身を以て経験したことによりこの保定期間というものが

どれだけ大事な期間なのかがよく分かりました。

 

そして今回届いたリテーナーがこちら。

image3

ケースもリテーナー用に新しく届きマウスピースも

治療に使用していたものと変わりしっかりした素材になりました。

装着してみるとこんな感じになります。

image1

撮影用に口唇を引っ張っていますが実際に普通にしてみると

こんな感じになります。

image2

全然分からないですね。

さて、この保定期間ですが一体いつまですればいいの?

という疑問がでてくると思います。

一般的に言われているのは最初の1年半は24時間

1年半を超えるとさらに1年半は夜間のみ

それで安定してくると2日に1回など期間を空けていきます

この保定期間には明確なゴールはありません。

大丈夫かな?と思っていても案外歯はすぐに動いてしまいます。

なので可能な限りでは続ける必要があります。

 

約1年に渡って私の矯正治療は終わりを迎えましたが

保定期間をいれると完全な終わりではないので

気を緩ますことなくしっかりセルフメインテナンス

していきたいと思います。

インビザラインを検討している方や少しでも興味を持たれた方は

ぜひなんでもお気軽に相談してください。

 

 

1分でわかる!ひきしょう歯科クリニック
患者様の声
スタッフ治療リポート
スタッフブログ
私たちは、お子様の歯を守るサポーターです♪
滅菌対策について
診療案内
  • 虫歯治療
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • マウスピース
求人情報
HIKISHO DENTAL CLINIC
ひきしょう歯科クリニック
〒599-8114
堺市東区日置荘西町6-2-22
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00
(木曜午後、日曜・祝祭日は休診)
あなたは分かり易く歯の治療説明を受けていますか?
インビザライン