ひきしょう歯科クリニック

初芝駅南口にある歯科医院「ひきしょう歯科クリニック」

072-349-4444
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町6-2-22
072-349-4444
トップページ > 診療案内 > インプラント
インプラント

入れ歯をしている人の中には、うまく合っていない人もいます。
きちんとフィットしていない為に、話したり食べ物を食べたりするときぐらぐらして不便な思いをしたり、時には痛みを伴うことさえあります。入れ歯が合わない場合にインプラントは、ひとつの解決策となり得るのです。入れ歯やブリッジなどの一般的な治療に代わるインプラント治療は失った歯が再建する画期的な治療です。インプラント治療なら、天然歯のように強い歯を取り戻せます。

インプラントというのは人工歯根のことで、あごの骨の中にインプラントを埋め込んで、その上に人工の歯冠をかぶせるものです。
チタン合金で出来ており、毒性もアレルギー性もなく、骨と非常に相性良くくっつきます。そのため、天然の歯とほとんど同じような感覚で物を噛んだり、会話を楽しんだりすることができます。もっと良く噛めるようになりたい方や、入れ歯との相性にお悩みの方にとって、インプラントは非常に快適な選択であると言えます。

インプラントの仕組み

チタン製のインプラントが、顎の骨と軟組織の介在なしに、しっかり結合することによって上部構造(人工歯)が保持されます。以前は、骨のないところにはインプラントができませんでしたが、最近は骨を増生(GBR)させてインプラントを埋入することができます。

インプラント治療のメリット
  • 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
    取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや、食べ物の欠片が入った時の痛みがなくなります。
  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
  • 自然な外見や表情を取り戻すことができ、人前で話すことも全く平気です。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
インプラントのデメリット
  • 保険が効かないので高額になる(医療費控除の対象になります)
  • 簡単な手術が必要になる(入院は必要ありません)
インプラント(人工歯根)とは

インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込んで、そのネジを土台にしてアバットメントと人工の歯を装着する治療法です。
ただ、インプラントは審美的、機能的に優れた治療法ではありますが、誰でも簡単に出来る、絶対に良い治療結果が得られるというような万能なものではありません。

インプラントが出来ない場合には、ブリッジか部分入れ歯による治療となります。
また、歯が1本もない場合には、総入れ歯やインプラント義歯などによる治療となります。インプラントのみならず、歯について様々なお悩みを抱えた方の治療を行っていますので、様々な治療と総合して納得いただけるまで個別に治療についてご説明いたします。

インプラントの材質

インプラントの材質は純チタン製。表面性状を改良することで骨との結合がより安定するようになりました。現在ではラフサーフェス(粗造な表面加工)をしているものが主流です。

1分でわかる!ひきしょう歯科クリニック
患者様の声
スタッフ治療リポート
スタッフブログ
私たちは、お子様の歯を守るサポーターです♪
滅菌対策について
診療案内
  • 虫歯治療
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • ナイトガード
  • マウスピース
求人情報
HIKISHO DENTAL CLINIC
ひきしょう歯科クリニック
〒599-8114
堺市東区日置荘西町6-2-22
月曜日~土曜日
午前中:9時30分~13時
午後:15時~20時
(木曜日は午前診察のみ)

日曜日
午前中:10時~13時
午後:14時~18時
(祝祭日は休診)
あなたは分かり易く歯の治療説明を受けていますか?
インビザライン